佐賀市 セフレ 妖艶な指使い

佐賀市に住んでいる僕の人妻セフレは、
40代前半の綺麗系。
眩しいくらいに白く柔らかな美肌(=⌒▽⌒=)
回転寿司をご馳走した後、

佐賀市のラブホテルに入った時、

恥ずかしがることもなく興味津津といった感じで舐めてくれます。
若さあふれるピチピチボディ!長身ですらっとしたスレンダーボディでした。
アソコはもちろん全身敏感で、すぐに濡れてしまいました。
興奮MAXになってきたので舌と指で怒濤の攻めを開始!
騎乗位、バック、正常位でお腹に発射。
騎上位も大きく足を開いて見せつけるようなエロいポーズに大興奮!

林業にドローン活用 佐賀県試験場、技術開発へ 抑草剤散布で下刈り軽減

 下刈りは、スギやヒノキなどの苗木の周囲に覆いかぶさる雑草を除く作業。草が伸びる夏場、強い日差しの中で行う重労働だ。植えた苗が大きくなるまで5年ほどは作業が必要という。県内では2017年度、400ヘクタールで下刈りを実施している。

 林業試験場は、何とか作業を軽減したいと検討し、ドローンに注目した。鉄道やのり面などで使われる雑草の成長を抑える抑草剤と組み合わせ、新技術を開発することにした。木を植えたばかりの山で、雑草が繁殖する前にドローンを飛ばして抑草剤をまく実証実験をする予定。

 さが林業スマート化実証事業検討会議(学識経験者、林業関係者など10人)の初会合を開き、ドローンのデモンストレーションを行い、委員が熱心に見学した。担当したオプティムの社員によると、ドローンは空域を設定すれば航路を自ら設定し自動飛行する。位置情報を活用するため、飛行の誤差は数センチ。農薬10リットルを積載し、15分で1ヘクタールをカバーするという。

 委員からは「谷など起伏がある傾斜地でも飛行できるか」など質問が相次いだ。担当者は「前例はないが、地上からの飛行高度が設定できるので大丈夫だろう」と説明した。高木などの障害物も事前の設定で回避できるとし、委員らは山間地の飛行も可能との感触を得た。

 検討会議では、テスト飛行の前に抑草剤の効果を確認するという結論になった。8月下旬から唐津市七山の県有林で数回、薬剤を散布して雑草の伸び具合など調べるという。試験場の担当者は「何とかいい方法を編み出し、現場の作業員の労働軽減や安全確保につなげたい」と話している。