帯広市人妻セフレ募集出会い系(ヤリマン)

帯広市で待ち合わせをする色っぽい人妻セフレは、
30代前半の綺麗系。
元AKB48の前田敦子さん似
一緒にコーヒーを飲んだ後、

帯広市のラブホに入った時、

濡れやすく敏感な身体のため、いっぱい責めました!
可愛い瞳のその顔で、うわ目使いで甘えます。
膣の奥がポイントでここを上手く責めれば布団は大洪水になるでしょう。
セフレの反応に堪らなくなり、ここでコンドームをつけて、対面騎乗位、騎乗位、正常位と体位を変えて、最後は正常位で発射。
かわいらしい秘部で、毛も手入れしていて薄いです。
吐息や声が大きくなり、腰の振り方も激しくなります!

帯広市の新しい総合体育館 よつ葉乳業が命名権 30年間で総額2.2億円 帯広市教委

 帯広市教育委員会は来年2月にオープンする新総合体育館の施設命名権(ネーミングライツ)について、よつ葉乳業(札幌)を優先交渉権者に選定した。30年の長期契約になる予定で、命名権料は年750万円、総額では約2億2700万円になる見込み。愛称は契約締結後に発表する。

 6月3日~7月8日に募集し、道内3社から応募があった。外部委員を含む審査委員会で契約期間、金額、愛称などの提案内容を検討した。

 契約期間は2020年1月1日から50年3月31日までの30年3カ月間。体育館の維持管理を中心に活用する。よつ葉乳業がネーミングライツを取得するのは初めて。同社は「地域の基幹産業である酪農を身近に感じてもらえるよう応募した。住民に親しまれる施設になってほしい」とする。

 市スポーツ振興室は「十勝発祥のなじみ深い会社でありがたい。長期契約のため、市民に愛称が定着し、施設に親しんでもらえれば」としている。

 施設命名権は正式名称とは別に、企業名や商品名を入れた愛称を付けられる権利。市は施設運営の財源確保を目的に募集しており、「明治北海道十勝オーバル」と「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」に続き3例目。(伊藤亮太)