佐世保市 セフレ 自分で乳首をコリコリ

佐世保市在住の僕の人妻セフレは、
40代前半の綺麗系。
おっとりしたMっ子です。
一緒にコーヒーを飲んだ後、

クンニをしてるといい感じに濡れてきたのでまずは指入れ。
自他共に認める敏感な天性のドMで、恐るべしエロパワーに満ちたセフレでした。
会話もはずみ、僕のチンコはハンボッキ。
お互い攻めて攻められて最後は正常位で発射です。
目がトロ~んとしてエロエロに見えてきます。
こちらも下を触ると大洪水です!!

日本茶アワード2018 茶友(東彼杵)が日本一

 一般消費者の試飲などで「日本一のお茶」を決める「日本茶AWARD(アワード)2018」で、長崎県東彼東彼杵町一ツ石郷のそのぎ茶生産、販売業「茶友」(松尾政敏社長)の蒸し製玉緑茶「あさつゆ」が、最高賞の日本茶大賞(農林水産大臣賞)に選ばれた。同社の受賞は2014年の第1回大会以来2度目。「そのぎ茶」としても昨年の岡田商会に続き、2年連続で頂点に立った。

 あさつゆは、濃厚な甘みとうま味が特長。同社では新芽にわらをかぶせる伝統的な「わら掛け」で栽培し、優しい香りが楽しめる。丁寧な工程で育てるため大量生産はせず、今年の生産分はすでに完売したという。

 アワードはNPO法人日本茶インストラクター協会などが毎年開き、今年は11部門に全国の産地から計393点が出品された。専門家らによる1、2次審査で選ばれた各部門の上位19点の中から、国内外10会場で一般消費者が投票し、大賞を決めた。

 11日に松尾社長が東彼杵町役場で、渡邉悟町長に受賞を報告。渡邉町長は「2度目の受賞は快挙であり、町民の誇り」とねぎらった。松尾社長は「茶業界の目が東彼杵のお茶作りに向いている。そのぎ茶の魅力をより多くの人たちに知ってもらいたい」と喜びを語った。

 長崎県関係ではこのほか、蒸し製玉緑茶で東彼波佐見町の「原田製茶」が、ほうじ茶で東彼杵町の「西海園」が入賞した。