名古屋市の淫乱人妻セフレ!出会い系でノリのいい子だと思ってラブホに行きました。

柳橋中央市場近くでいつも待ち合わせをするセフレは、
40代前半の綺麗系。
裏表の無いピュアな性格の彼女と一緒に居ると恋人気分にさせてくれます。
アダルトショップでセクシー下着を買った後、

名古屋市でご飯を食べて、ラブホテルに行った時、

クリを指の腹でツンツンしたりしながら攻めを楽しむ。
色っぽさを想像できない童顔の女性との濃厚なエッチ。
下の方を触るとまだまだ潤っています。
最後は正常位にして激しく腰を振りお腹に発射。
手で乳首中心に責めてたら、今度は逆に責められてしまった。
ぬるぬる感と密着感が堪らないですね。

名古屋の再開発の動きが慌ただしく… 柳橋中央市場のビル売却決定 栄に高層ビル計画

師走に入り世間は慌ただしさを増していますが、名古屋市内の再開発の動きも慌ただしくなっています。

名古屋駅近くにある柳橋中央市場の中央水産ビルについて、4日ビルを運営する組合が臨時総会を開き、2019年10月末をめどに売却することを決定しました。1965年に建設され老朽化が深刻な課題となっていましたが、魚の仕入れ業者には動揺が広がっています。ビルで営業する鮮魚店の今後などについて、組合は「詳細は差し控えたい」としています。再開発の波は栄にも押し寄せています。栄交差点の北東に位置し、名古屋市と大丸松坂屋グループが所有する約4800平方メートルの土地。4日の市議会で、市は商業施設やホテルなどが入る高層ビルを建設する計画を明らかにしました。広場の空間を維持しつつビルの地下部分と既存の地下街を直結させる構想で、2024年度の開業を目指しています。また名古屋城北側の名城公園近くの国有地が、名古屋造形大学を運営する学校法人「同朋学園」に売却されることが、4日開かれた有識者の審議会で認められました。東海財務局によりますと2022年4月に名古屋造形大学が現在の小牧市から移転する予定です。