出雲市の人妻セフレは、めっちゃ綺麗だったので、会った瞬間、想像して勃起した

出雲市に住んでいる人妻セフレは、
30代後半の綺麗系。
小柄Cカップ、顔は可愛く美乳!
ローソンに行った後、

出雲市のよく行くラブホテルに行った時、

服を着たままの格好でフェラしてもらった。
程よい肉感と肌質のエロ尻も魅力でフェチも濃厚!!
セフレが恥かしながら、シャツとスカートを脱ぐと、スタイルのいいこと☆
いっぱい濡れてくれていたので思わず自分のテクが上手くなったと勘違いしそうです。
乳首を味わっているとセフレの腰が前後に動きだしました。
かなり舌使いがうまかった。

出雲ナンバープレート、八岐大蛇デザインに 2020年度から導入目指す

 島根県出雲市などが2020年度からの導入を目指している自動車のご当地ナンバープレート「出雲」のデザインが、出雲神話に登場する「八岐大蛇(やまたのおろち)」に決まった。国土交通省に提案し、審査を経た上で交付される。

 同市や飯南町、奥出雲町で結成した推進協議会がデザインを公募。寄せられた155点の中から5点を最終候補に選び、住民アンケートを実施。3578人から回答があり、1052票と最多だった出雲市の印刷業、土江淳志さん(47)の作品を、協議の末に選出した。

 1つの胴体に8つの頭を持つ伝説の八岐大蛇を、虹をイメージしたカラーを使って、躍動感たっぷりに表現している。

 「ご当地ナンバー(カラー、モノトーン含む)を付けたいか」というアンケートの質問に、8割が「取り付けたい」と回答するなど住民の関心も高い。同協議会は「ダイナミックなデザインで、若者から高齢者まで幅広い世代に支持されるはず」と、走る広告塔の効果に期待している。