別府市の出会い系で淫乱セフレ巨乳ギャルとラブホに行きました。

30代前半のカワイイ系。
Hモード全開です。
近くの本屋に寄った後、

別府市のよく行くラブホに行った時、

そのまま胸に手を伸ばしていくと、さらにキスが積極的に・・・。

指入れをすると感じてしまい足をガクガクさせているのが可愛らしかったです。
キレイなお肌とEカップの巨乳に色っぽい身体つきがとっても魅力的な彼女!

結局いつもどおり正常位で発射しました。
フェラを堪能しセフレに誘われるまま騎乗位へ。
立った息子をつかまれ、騎乗位で果てました。

大分市の高崎山自然動物園で感謝デー サル「無事出勤」で親子連れら笑顔 /大分

 大分市の高崎山自然動物園(大分市神崎)は11月17日、感謝デーとして園内を無料開放した。クイズなどのステージイベントの最中に「出勤」が不安視されていたサルたちが現れ、観光客らを喜ばせた。(大分経済新聞)「たかもん」との尻相撲に挑戦する子どもたち 高崎山のキャラクターで宣伝部長の「たかもん」の誕生日「11月の第3土曜日」を祝うイベントで10回目。今年もさまざまなクイズイベントや「たかもん」との尻相撲などを実施した。「たかもんの誕生日会」には、別府市宣伝部長の「べっぴょん」と、高崎山の宣伝隊として活動する「たかもんガールズ『PEAKL(ピークル)』」が駆け付け、記念すべき日を盛り上げた。

 同園によると、餌付けしているサルはB群642匹、C群588匹。通常は午前中にC群、午後からB群が寄せ場に現れるケースが多く、最近はC群が現れない日が増えているという。前日の16日はB群も姿を見せず「今年3回目の完全欠勤日」となり、イベント当日もサルの行動に注目が集まっていた。

 朝から大勢の観光客らが代わる代わる来場。午前中にC群は現れなかったが、午後になって、山に入っていた職員の「おーい」というサルを呼ぶ独特の高い掛け声とともにB群が姿を見せ始めると、親子連れらは「来たーっ」と大喜び。サルが下りてこないケースを想定して代役として扮装していたたスタッフも「ほっとしたぁ」と胸をなで下ろした。

 福岡県北九州市から家族で訪れた中井良二さん(39)は「いなければいないで面白いと思って来場したが、やはりサルがたくさんいた方がいい。サルの姿を見たときは思わず親子で手を叩いた」と笑顔で話していた。